蕎麦麿の針仕事


カテゴリ:着物( 9 )



つまみかんざしの道

京都の祇園に「金竹堂」という小間物屋さんがあって、舞妓さんの花簪を作っているそうです。 

2004年11月2日の「おしゃれ工房」はその「金竹堂」のご主人による「小花のかんざし」講座でした。

蕎麦麿好みのハンサムなご主人でした。ので、早速チャレンジ!

着物の端切れを四角く切って三角に四つ折して糊で止める。。。。のですが、なかなか均一な形にならない。

側で見学していた夫が「見るに見かねて」バトンタッチ。結局前回ご紹介した3本の花は夫の手によって開花されました。

かんざしの道も1日にしては成らず。ぼちぼち作る事にいたしました。(結局1年以上も作っていませんが、、、)a0050836_17481774.jpg

で、作るのは一旦休憩。京都のお店に行って来ました。(ご主人が出ていらしたので感激しました)

きれいな花簪がいっぱいあったのですが、蕎麦麿にはどれも派手でした。次回は何か地味なものをお願いしてみようかしら???で、記念に小さい簪を買いました。(金竹堂だから竹かなぁ、と思って)→


ってな訳で、今もっているのは学生時代に買ったものです。(どこか東京のお店です)鶴のつまみ細工は髪の少ない蕎麦麿に合わせて作ってもらいました。簪に仕上げないで針金をつけてもらいました。軽いので簡単に刺す事が出来ます。お祝い事には必ず使う便利な一品でございます。
a0050836_17404579.jpg

[PR]
by sobamaro-no-hari | 2006-01-31 17:52 | 着物


おしゃれ工房のススメ

引き続き「おしゃれ工房」についてです。a0050836_1955561.jpg

「加賀指貫」ってご存知でしょうか?

この番組で紹介されるまで蕎麦麿はまったく知りませんでした。

それは麗しい指貫なんです(@_@)

詳しくは「ひさぎ」さんの「しんぶるじゃぱん」のサイトでじっくりご覧くださいませ。

もう、一目ぼれです。早速再放送を録画して製作いたしました。↑(緑の青海波)出来が悪いんです。途中からどこがどこの模様やら何やらわからなくなりまして・・・

でもこの指貫とっても使いやすいんです。たとえば運針(並縫いって呼ばれていますね?)の時、糸と糸との間に針が当たりますから、針が安定します。中は真綿(絹の綿)ですから他の素材と違って当たりが柔らかく、しかも針が指の方に突き抜ける心配もありません。

今やこの指貫なしに蕎麦麿の針仕事は成立しません。かわいい、美しいだけでなく「加賀指貫」は理想的な指貫です!!

ええと(^^ゞあまり指貫が不出来だったので、小さく撮影しちゃいました。で、大きく写っている花の説明もさせて頂きます。「自家製のつまみかんざし」です。「つまみかんざし」については次回ゆっくりとお話いたしますのでまた読んでください。
[PR]
by sobamaro-no-hari | 2006-01-27 20:31 | 着物


久々の針仕事報告

NHKの「おしゃれ工房」ってご覧になりますか?たまに見るのですが、楽しい番組ですよ。

編み物や、パッチワークみたいなポピュラーな趣味はもとより銀粘土や水引細工なんかも取り上げていて為になる?良い番組だと思います。

蕎麦麿がはまったのは「日本刺繍」.昔は女学校とかでも習ったらしいのですが、むっちゃ難しそうだと思いませんか?多分相当高度な手芸だと思います。

a0050836_179516.jpg
しかし、草乃しずかセンセのそれは初心者にも優しいレッスンです。

最初は針山とか小さい物に刺していたのですが、台まで購入して半襟に挑戦してみました。

それがねぇ、お裁縫と違って急いで縫うって訳に行かないんです。一針一針やさしく刺さないと糸がもつれる。

なんと半襟一枚に2年かかってしまいました。↑

出来上がったらなんと派手な・・・・・お正月にだけこっそり着ます。

a0050836_1794614.jpg←それでも懲りずに2作目に突入!ハテ何年かかりますやら
[PR]
by sobamaro-no-hari | 2006-01-24 10:59 | 着物


日本髪が結いたい2

寝ても覚めても「日本髪」「丸髷」・・・・と御題目のように唱えている蕎麦麿です。

でも、すごいですね!日本髪を日常的に楽しんでいる女性が居るんです。

とても素敵なHPを見つけました。
日本髪日和」です!!

このページ見てからずぅうううと興奮状態が続いています。

素晴らしい。
[PR]
by sobamaro-no-hari | 2006-01-10 10:53 | 着物


日本髪が結いたい!

毎年年末年始にニュースで写る風景の一つが
「日本髪を結う人で込み合う美容院」

今回も何気に見ていたのですが、最後の一言に引っかかりました。
「襟足から20センチほどあると結えるそうです」

え!本当?

いや~ん。だったら結ってみたい!丸髷が結いたい!

サントリーの伊右衛門のCMの宮沢りえちゃん

あんなのがイイ!

今年は丸髷だ!

でもねぇ、蕎麦麿は毛が少ないんです。しかも短い。

いや、少なくっても無い訳じゃないやってやれないことは無い!

努力するのは美容師さんだし・・・・

勝尾寺に初詣に行きました。

今回は間に合わないから普通にアップ(目いっぱいヘアピースを使いました)a0050836_18482691.jpg
[PR]
by sobamaro-no-hari | 2006-01-07 18:50 | 着物


おばあちゃんの羽織3


今となっては二尺の袖を着る機会もない・・・・

しかし・・・「おばあちゃんは私のために袖を残してくれていたんだ」と思うと嬉しくなってしまって、結局私も袖を切れませんでした。(蕎麦麿もケチだった)

この羽織→一越なのか浜縮緬なのか(はたまた全然別物か?)知りませんが、張りのあるかさばる素材でして余分な袖下を縫い込むのが一苦労でした。普通は裄を直すのに袖丈は関係なしなのですが、、、、そうもいかなかったです。

でも、おばあちゃんも粗い縫い目で適当に巻き込んでいたし「表返しちゃったら見えないから・・・まあええか」とヤッツケ仕事でごまかしました。

蕎麦麿がお裁縫を始めた頃には祖母はすでにあの世でございましたので、そういった会話をしたことがありません。

けれど縫い直しながらおばあちゃんとお話をしているそんな気分の良いひと時でございました。
[PR]
by sobamaro-no-hari | 2005-12-06 10:59 | 着物


おばあちゃんの羽織2

もう一枚の羽織は伯母(母の姉)のものです。これもやはり染め直し、縫い直しを繰り返したものです。元は伯母の紋付の羽織だったそうです。小柄な伯母のものなので蕎麦麿には短い。

着丈まで直すのは面倒なので裄だけ直すことにしました。

袖付けから解いて裏を返してびっくり!そで下の縫い代が無茶多いのです。いわゆる二尺の袖が取れるようになっていました。

伯母が中年になって作った羽織ですから伯母のためではなさそうな・・・・・たぶん祖母が仕立てる際に蕎麦麿のことを考えて長めに断っていたんでしょう。

しかし、、、、その頃蕎麦麿はハナタレAgeだと思うのであまりにも気が早い!しかもこんな地味な色柄で・・・・・?

祖母はケチな人だったので切るのがもったいなかったんでしょう。
[PR]
by sobamaro-no-hari | 2005-11-29 10:57 | 着物


おばあちゃんの羽織1

蕎麦麿の両親は「着物嫌い」でした。阪神の震災もあったりして母の着物は一枚も持っていません。でも何故か奇跡的に?祖母の縫った羽織を2枚持っています。

一枚目は父方の祖母が、母に譲った黒の羽織です。(あれ?これって母の遺品ってことか・・・↑訂正します)多分何度も縫い直して、染め直した相当のお古だと思います。

一ツ紋が入っているんですが、、、、羽織裏が何と!「朱竹」真っ赤イケです(+_+)なんでやろ?こんなもんですかねぇ?

誰か教えてくださいませ・・・・
[PR]
by sobamaro-no-hari | 2005-11-22 10:56 | 着物


着物について

高校のとき家庭科でした。和裁の授業があったんで即決しました。その頃家庭科って人気がなくって・・・・少人数のクラスで先生方には手取り足取り教えてもらえました。今、家庭科のある高校ってありますかね?今母校はどうなっているんでしょう?

って訳で、家庭科出身の人&今家庭科に通っている人是非ともカキコして下さいませ。

着物って最近見直されていますが、まぁ、、、、面倒ですよね?着るのも面倒だし、作るのも面倒です。で、着たら着たでやっぱ窮屈。

でも好きなんですねぇ・・・・(*^。^*)

古い着物とか着るときに気になるのはやはり裄(袖幅)でしょう。後は袖丈かな?

知っている人はご存知でしょうが、着物の袖幅と袖丈は洋服のそれと逆。

でもこれって意外に簡単に仕立て直し出来るんです。

でも、面倒。
[PR]
by sobamaro-no-hari | 2005-11-15 10:58 | 着物

    

帽子と着物とクルーゼと
by sobamaro-no-hari
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31