蕎麦麿の針仕事


<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧



お誕生日!だったっけ?

毎日あきれるほど多くのメルマガが来ます。ほとんどの場合「毒にも薬にもならない」メールですが、試写会のお知らせや、DVD半額レンタルなど、為になる?ものもあります。

先日アイスワインのセールがありました。

アイスワインってご存知ですか?
アイスワインにするブドウの収穫は、気温がマイナス8℃から12℃に下がった「寒い一夜」だけに行なわれます・・・・
美味しいアイスワイン作りの為に、「寒い一夜」にかけるのです。水分が抜けて熟成が進んでいるので、搾れるブドウ果汁は少ない・・・・
アイスワインの葡萄の収穫時期である12月末から1月初旬にかけて十分に冷え込み、葡萄の糖度があがったことも最良のヴィンテージであることの理由のひとつでしょう。収穫された葡萄は、約3ヶ月かけてじっくり発酵させ・・・・・

と、HPには紹介されています。わざわざ凍らせちゃったぶどうで作ったワインなのね・・・・

蕎麦麿の英語の先生の一人がカナダのご出身です。「僕の国のアイスワインはとっても美味しいのです・・・・試したことがおありですか?」

「あいすわいん????冷たくしたワインですか?」(ーー;)

と、情けない会話をしたことがありまして、ずっと心に残っておりました。

そのアイスワインがバーゲン!買わなきゃなりません(^^♪

で、送料の都合とかでイタリアのパルマハムとか越乃寒梅とかも注文してしまいました。

で、入荷の都合とかで配達が遅れてしまいました。

でも、蕎麦麿のお誕生日までにはジュウニブンに時間もあるし忘れておりました。

で、着ちゃったんです。そろそろ夕食時分だなぁ・・・・と腹時計がなる頃・・・・・
♪ぴ~ん、ヽ(^。^)ノぽ~~~ん♪
着たら飲みたくなりませんか?しかもクール便で届いているから、飲み頃なんです!(^^)!
a0050836_16174322.jpg

乾杯いぃ~♪
感想→甘い!ビックリするほど甘い(@_@;)富貴ワインってこんなだったかな?でもサッパリしていて乾杯には最適!しかも、パルマハムの塩味にぴったり!お誕生日おめでとう!

で、はっきり申し上げておきますが、この日は蕎麦麿の誕生日ではございませんでした。

本物はもっとあとであります。こんな欲に負ける日々を過ごしていては、、、罰が当たって年に2つ年取っちゃったりしてね。

おほほ。また見てくださいね!
[PR]
by sobamaro-no-hari | 2006-05-30 16:27 | 料理


日傘を描く

ご近所に「コープカルチャー西宮」というのがございます。

様々な習い事が出来るようですが、今回は「日傘を描く」一日講座に参加いたしました。

晴雨兼用傘にあじさいを描く・・・世界に一つしか無いオリジナル傘を作れるなんて素敵!流行色の黒か、白からお選び下さい。晴雨県洋傘ですから一年中使えます。レッスン料1,890円(別途材料費2,500円)

おお!なんと魅力的な講座ではございませんか!リーズナブル!晴雨兼用傘大好き!ただ、a0050836_18221187.jpgひとつ難点をいえば、、、あじさいを描いて一年中使うのは・・・・無理がある気がするのですが、、、、

傘に絵なんか描いて落ちないのかしら?難しいんじゃないかしら?ドキドキしながらレッスン開始。

教材費には傘と絵の具〈使い放題〉が含まれておりまして、大変親切な講座でした。しかも拍子抜けするぐらい簡単。先生がざっと下絵を描いてくださいます。あとは指示通りに絵の具を塗るだけ。

布専用の絵の具だそうです。洗っても落ちないそうで、先生のお手本の傘も数年使っておられるそうですが、新品同様でした。

a0050836_18232582.jpgたった2時間で、ほら出来上がり!あとは差して帰るのみ。

え?こんなこんなに簡単でいいの?これって、何の技もいらないのですね?

あじさいっていうのは一番簡単に描けるお花らしいですが、まぁ、絵心のある方なら、あじさいであろうが、ぺんぺん草であろうが、ドラえもんであろうが、描けば良いわけで正確に言えば染色じゃないですよね。そう言えば「トールペイント教室」でした。

つまり、蕎麦麿のお手柄と申しますよりは、そんな便利で手軽で素敵な絵の具を作った人を称えるべきですね。拍手ぅ~\(^o^)a0050836_18251545.jpg

   ズームアップ→


油絵の要領で次々と色を重ねて行きます。
4枚花びらの形を描き足して行きます。
気に入るまで描き続ければよいのです。

最後に「蕎麦麿」の「そ」の字も書いて・・・

オ、オリジナルぅ!世界にひとつだけの花!(№1じゃなくてもいいなら・・・・)本当に誰にでも楽しめます!
[PR]
by sobamaro-no-hari | 2006-05-25 18:39 | 染色


思い出の食べ物 その2

小学校に上がったばかりの頃でしょうか、蕎麦麿は生まれて初めて「ヨイコト」をしました。

と言っても「お茶碗を並べた」とか「お父さんの白髪を抜いてあげた」と言った、生活半径の狭いことと違いますよ。もっと世間様に対して「ヨイコトデビュー」したのです。

あの頃住んでいた家から3分ほどのところにお米屋さんがありまして、そこではちょっとしたお菓子や、調味料なんかも売っていました。蕎麦麿の「初めてのお使い」もこのお店でした。

そのお店に行く途中で蕎麦麿はお財布を拾ったのです!!「ママ!おまわりさんに届けよう!」と張り切って報告したのですが、何故か?母は「このお財布はきっとお買い物帰りの人が落としたのよ。」と、勝手に決め込んで例のお米屋さんに届けました。

何だか不満だったのですが、まぁ、肝心のおまわりさんが何処に居るかも知らなかったわけで渋々同意した蕎麦麿です。。

ところがですねぇ、すぐに持ち主が見つかりました。やはりお米屋さんのご常連さんでした。まぁのん気な時代だったのでしょうね。

で、その持ち主のおばあさんがお礼にくれたのが、「ロシアンケーキ詰め合わせ」でした。ロシアンケーキって変なネーミングですよね?誰が見てもクッキーですから。

先日作ったバタークリームでロシアンケーキを作ってみました。ちまちま小さいのを作るのも面倒なので、少し大きめに作ってみました。ところがこれが大きすぎました。思っていたより膨らみました。これじゃ本当にケーキ並の大きさです。

はさんであるのは、バタークリーム&胡桃、ジャム、チョコレートクリーム。皆さんはこういったお菓子を何と呼んでいますか?
a0050836_2314560.jpg

[PR]
by sobamaro-no-hari | 2006-05-23 23:15 | 料理


思い出の食べ物

食いしん坊の蕎麦麿は思い出に常に食べ物がついてきます。

食べたものでなくてもちょっと見ただけで「忘れられない食品」になってしまうこともあります。

子供の頃はTVで昼も夜も映画をやっていたように思います。「○×洋画劇場」とか「△▲名画劇場」なんて番組名で聞いた事もないような古い映画なんかも放映されていました。

↓ワンシーンを再現いたしますと・・・

 舞台はアメリカ西部。赤茶けた映像でお決まりの酒場にこれまたお決まりのカウボーイが入って来ます。いきなりカウンターの主に声をかけます。〈この主もお決まりで愛想が悪い〉

 C.B. 「おい、おやじ。なんか喰うもんはねえのか?」
                                   おやじ 「肉の入った豆だ」
 C.B. 「何だ、豆か。もっとマシなもんはねえのか?」
                                   おやじ 「肉の入ってねぇ豆だ」

おお!なんとしゃれた会話ではありませんか!?この後のストーリーも、題名も全く覚えていませんが、断然「肉の入った豆」が食べたくなりました!

蕎麦麿の家は90%和食。しかもその70%が精進料理と言う恐ろしくヘルシーと言うか、まぁ、好き嫌いの激しい家族でしたので・・・・チリ・コン・カンなんて知るはずもありません。

「豆」と言えば「五目豆」か「黒豆」ぐらいしか煮ません。あとソラマメや枝豆を茹でるぐらい・・・

「肉の入った豆」とはなんぞや?カウボーイは「くだらない食べ物」と言わんばかりでしたが、、、、幼い蕎麦麿には以来憧れの食品となりました。初めて食べたのは随分と後。大人になってからでした。

a0050836_10555861.jpg煮込み料理と言えば断然クルーゼでしょう!映画で見た感じではミンチを使っていることが多いようですが、今日の作品は牛スジ肉です。

写真家西川治氏の料理本のひとつ「男の料理すじ肉」を参考にしました。すじ肉の下処理から仕上げまで丁寧にしかも簡潔に紹介されています。すじ肉なんて食べたことなかった蕎麦麿にはまことに有難い指南書でございました。

a0050836_114308.jpga0050836_115663.jpg











すじ肉の野性味が複雑な辛さに合ってなかなか美味しいモノでございます。秘訣は香辛料でしょうか?クミン、オレガノ、チリパウダー・・・お好みですが大量に!

普通この料理にはキドニービーンズが入るのですが、あいにく在庫切れ。で、家にあった「花豆」を茹でて代用いたしました。グリーンの唐辛子もなかったのでシシ唐にしました。大丈夫!それでも美味しかったんですから(*^^)v
[PR]
by sobamaro-no-hari | 2006-05-19 11:22 | 日記


蕎麦麿喪中につき・・・?

a0050836_20255094.jpg
が~~~~ん!!!!田村高廣が死んでしまいました!!!
それだぁ~れぇ?なんて言っているあなた!勉強不足ですよ!
(-_-)/~~~ピシー!ピシー!


俳優の田村高廣さんです! 

あの、田村正和さんのお兄さんですよ!

つっうか、無声映画~トーキーまで活躍した「バンツマ」こと「阪東妻三郎」の長男です!

どれもわかんなぁ~いなんて声が聞こえてきたりして。。。。(--〆)

蕎麦麿は彼のファンです。あの優しそうな顔、声、いいなぁ。人は死んじゃうんですね。

蕎麦麿はおじさん好きなんです(^^ゞついでにカミングアウトしちゃうとチャンバラ好きでもあります。

携帯の待ち受け画面は「バンツマ」です。でも、高廣さんファンは阪妻サンと出会う前からです。

蕎麦麿が初めてTVで見たときからおじ様でしたが、ビビッと来ちゃいました。映画「青幻記」も観ました。初の著書「剣戟王阪妻の素顔/家ではこんなお父さんでした」も読みました。。。。寂しいです。ご冥福をお祈りいたします。


[PR]
by sobamaro-no-hari | 2006-05-18 20:57 | 日記


バタークリム考(・・?

ケーキを焼いたら生クリームを添える。当然デコレーションも生クリーム。と決まっていました。

でも、生クリームって高いし、常に買い置きがあるわけじゃない。しかも早く食べなきゃイケない→太る?

子供の頃、近所のお菓子屋さんのケーキは生クリームじゃなかった・・・・

そうだバタークリムだ!チョコレートコーティングされたその中身も、ロシアンケーキと呼ばれたクッキーの具もバタークリームだった!

と、大した事もない話に大発見のように興奮しバタークリーム作りに励みました。→太る?

バタークリームと一言で言っても作り方は色々あるようです。

 その1.なんと言っても初心者にお勧めは=バター+卵白+砂糖のシンプルなもの。バターに卵白と砂糖で作ったメレンゲを加えだけですからすぐに出来ます。これにレーズンを混ぜてレーズンクリームを作ってもグッドでした。。
a0050836_9495132.jpg

 その2.メレンゲを作る際にお砂糖をあらかじめシロップに作っておいて加えたもの(これをイタリアンメレンゲと呼ぶそうです)これとバターを混ぜたクリーム。艶があってデコレーションしやすいらしいです。どうもこれが正式なバタークリームみたいですが蕎麦麿は未体験。

 その3.バターにシロップだけを加えたもの。シンプルですねぇ。子供の頃に食べたクリームはどうもこれのような気がします。

 その4.なんと、バター+卵黄+コーンスターチ+牛乳+砂糖なんてのがあります。バターにカスタードクリームを混ぜたとご説明したらわかりやすいでしょうか?蕎麦麿家では卵白が常に冷凍庫に保存されているのですが、たまに使い果たすことがございます。

こんな日にシフォンケーキ〈卵白6個分+卵黄5個分を使用する〉を作ると卵白が1個足りなくなる。ここで余った卵黄を即このバタークリームに使用するとスッキリしますねぇ(*^^)v
a0050836_1045810.jpg

ホワイトリングとかピラミッドケーキとか呼ばれる粉砂糖をまぶしたリングケーキ。これに使われているのがこんなバタークリームじゃないでしょうか?

皆様もバタークリームに挑戦して見られては如何でしょう?バターの買い置きさえあればいつでも作れます。日持ちもするし、デコレーションもしやすい。但し冷蔵庫に入れておくと硬くなるので室温でデコレーションしてくださいね。
[PR]
by sobamaro-no-hari | 2006-05-14 10:38 | 料理


蕎麦麿の自慢話その2つ目!

少し古い話ですが、皆様GWは如何お過ごしでしたか?
a0050836_154367.jpg


蕎麦麿は夫の実家に帰省して田んぼを作っておりました。蕎麦麿は田舎の長男の嫁なんです。

結婚するまで田んぼってどうなってるか考えたこともなかったのですが、ナカナカ奥深いものでございますよ(-"-)

まず、土を柔らかくする。トラクターを使う。〈これは蕎麦麿にも出来た!〉a0050836_15171139.jpg

田んぼに水を張る→少し寝かせてから土と水を混ぜる。トラクターを使う。〈使えない〉

ちょっと寝かせてから〈土の性質によって3~10日)苗を植える。田植え機を使う。〈やっぱり使えない〉

で、この他にも苗床を作ったり、鹿よけの柵を作ったりします。\(◎o◎)/!a0050836_154384.jpg

なんかこれね。。。。パンを焼くのに似てる気がします。この寝かせるタイミングとかこねる加減とか、平らにする力とか。。。。面白いもんですね。

で、トラクターが使えるのが自慢なんじゃなくってこの田舎に住んでいる甥っ子2人が可愛いのです(^ム^)鼻高々!

え?子供はみんな可愛いって?いや~~~ん!この甥っ子は特別ハンサムなんだから!生まれたときからハンサムで「ひよこクラブ」「こっこクラブ」のモデルにしたかったぐらい!ゆくゆくはジャニーズに入れようか?いや、その前に「マルコメ君」にしようか?と密かに企んでいます。

で、この子が農機具好きで小さい鋤や鍬を持ち歩いている。で、あちこち破壊している。で、なんかブツブツ言っている。で、後を追っかけて聞いていると・・・

「おかぁちゃんは喰う事しとるんや〈食事の準備をしている〉ねぇけぇ~な、静かにしねぇ~な!」

・・・・・(--〆)・・・アイドルらしくない・・・・・・・ムッチャなまってる。しかも、おばあちゃんや、おじいちゃんのローカルな話題ばかり口真似をしている。。。。。

しかも、その小さい手に持ったミニ鋤で蕎麦麿は襲われてシマッタ!!!彼のデビュー作は「八つ墓村」になりそうだゎ。。。。

さて、今年は寒い日が急に温かくなったせいかGWにまだ八重桜が満開!山桜まで残っていました。しかもトチノキかエンジュかヤマフジかわかりませんが咲いていて綺麗です。帰りにお花見かねて丹波市まで脚を伸ばしました。

兵庫県丹波市の白毫寺(ビャクコウジ)は九尺藤が有名ですが、残念ながらこの日は咲き初めでした。他のお花が綺麗だったので写真でご紹介します。

しか~し、街角に大変なスポットを見つけました。
a0050836_1514037.jpg
a0050836_1511217.jpg
これどこの写真だと思いますか?春日町・興禅寺 近くの駐車場なんです。

「駄菓子のマエダ」と書いてありましたが、立派!凄すぎる!しっかりお花見させていただきました。お礼に何か買いたかったのですが、この日はお休みでした。<(_ _)>

最近丹波市になったこの町も楽しいところでございます。お勧めは「国領温泉 助七」旅館ですが、外湯有りです。家族風呂もあるみたいです。

新しいスポットとしては「丹波 おばあちゃんの里」新鮮な筍とか木の芽をたっぷり買って来ました。

アイスクリームやパンも出来たてを売っています。 「氷上町つたの会」のケチャップとジャムも美味しかったです。

では、今日はこの辺で・・・・
[PR]
by sobamaro-no-hari | 2006-05-13 16:29 | 日記


ご無沙汰いたしております

もしかして蕎麦麿は死んでしまったんじゃないのか?とご心配頂いていましたでしょうか?

有難うございます。蕎麦麿は何とか生きております。ご飯も美味しく頂いております。

積もる話は後にして「アフター都をどり」をご紹介しましょう!!

都をどりは祇園の芸妓さんの文化祭ですから、おどりや、音曲以外にちょっとした美術発表会もあります。普通はおどりを見る前に見せてもらえるように配置されていますが、後でもお願いすればOK。

a0050836_23405616.jpg先ず、入ってすぐに舞妓さんのお揃いの衣装が展示されています。この浅葱色の〈水色の〉着物は毎年決まっているらしく・・・・詳しい事は知らないのですが、裾のデザインが少し違う以外この形、色、吹き〈袖口や裾から出る裏地〉とかもこんな感じだそうです。

以前お話した「金竹堂」の花簪も決まりがあるそうで、この「都をどり」に合わせて製作するのが大変だそうです。

この衣装は総おどり〈団体で踊るところ〉と、花道側で笛や太鼓を演奏する舞妓さん〈舞妓さんの衣装の芸者さんを含む〉が着ています。但しこの組み合わせは日によって変わります。詳しくはパンフレットなどに日程、配役、音曲の担当が紹介されていますのでご覧ください。

a0050836_23575148.jpg

a0050836_04264.jpg作品展は、茶碗の絵付け〈佳つ乃さんのもありました)書、画、活花、などがあります。



a0050836_055433.jpg
a0050836_075930.jpg

さぁ、歌舞練場の外もご紹介しましょう。この日は桜がこんなに綺麗でした。

a0050836_0131553.jpg


さて、お食事ですが、リッチなところでは「千花」(ちばな)「味舌」(ました)でしょうか?a0050836_0244444.jpg
ですが、リッチなお昼の後は眠たくなる?そうすると一番最初のおどりを見るに限ります。12時30からですから1時半に終わります。お昼ぎりぎりに駆け込めるかも・・・・?

もうひとつのアイデアとしてはおうどんの「おめん」であっさりと頂く。こちらはお昼の時間が遅くまでありますし、お野菜たっぷりのおうどんはおなかに優しいです。

いまひとつのお勧めは高島屋の7F「グリルキャピタル東洋亭」の洋食。こちらお手軽!なんですが、うっかりお昼に云ったら並ばねばなりません。かく言う蕎麦麿もこの日はハズレで夕方に出直してお茶いたしました。焼きりんごの写真
a0050836_0442037.jpg


そうして最後のお楽しみ!?今晩の買出し!以前は阪急の地下と高島屋の地下でデパ地下巡りが出来ましたが、今は高島屋だけ・・・まず、出来合いのお弁当を買うも好し、鯖寿司なんて京都らしい。でも、粽寿司も捨てがたい。蕎麦麿は京野菜かな?山城のたけのこなんて素晴らしい!でも今日は京都に何の関係もなく山菜ばっかり買いました。a0050836_052246.jpg



もちろん、お菓子を買うことも忘れていません!



だから京都はやめられない!!!
a0050836_0504579.jpg

      それぞれ¥100~¥198となかなかリーズナブル
[PR]
by sobamaro-no-hari | 2006-05-08 01:00 | 日記

    

帽子と着物とクルーゼと
by sobamaro-no-hari
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31